ニュース

【松阪FⅠ最終日12R】山田英 ライン絆

 山田英が力の違いを示して決勝に駒を進めた。準決11Rでは2コーナーから鮮やかに捲ると、一気に前団をとらえてラインで上位独占を果たした。「後ろが(松岡)貴久だったので何が何でも行こうと思った」とラインの信頼関係があってこそ、仕掛けにも迷いなく上位独占につながった。「(近畿)二段駆けもありそうだったけど、結果的に乗り越えられているので」と状態も問題なし。12Rも鋭く攻めてVを狙う。