ニュース

【京王閣FⅡ最終日9R】斉藤 強豪相手も手応えあり

斉藤が好位を狙って攻める

 

 斉藤由紀が2場所ぶりに決勝へ。

 

 「仕掛けが遅れた」予選1(4着)を反省して、予選2はSを取って前受け策。打鐘で踏み上げた日野の後位からレースを進めていく。「予想していた通りの展開に。日野さんの仕掛けに乗ってうまくスピードに乗せられた」。一気にまくって出た山原、野口にはかわされたが、危なげなく3番手をキープ。最後もしっかり伸びて3着。

 

 「初日から少しセッティングを修正して最後まで踏み切れた。後閑百合亜ちゃん(引退)に譲ってもらったフレームの感触もいい」と手応えを明かす。ここのところ軒並み優勝を飾っている110期。「同期の活躍に負けないように勢いに乗っていきたい。取れた位置から好位を狙って」。

 

 山原、小林の2強を相手に好勝負を誓った。