ニュース

【和歌山FⅠ最終日11R】渡辺 S級初決勝

 準決10R、打鐘4角からカマした小松崎の逃げ切りかと思われたが、8番手から仕掛けた渡辺が見事にまくり追い込んだ。「まさかまくれるとは…。踏み出しはいまひとつだったが、バックの追い風に乗って伸びました」とにっこり。

 

 8月小松島の落車で左肩甲骨と肋骨骨折のケガで約3カ月の欠場。復帰して4場所目になるが、ピンピンで初のS級決勝へ駒を進めた。「2日間、長い距離を踏んでいないが、悪くはないですね。初めての決勝戦なんで先手を取りたい」と気合が入る。

 

 決勝は思い切った仕掛けで波乱呼ぶか。