ニュース

【平塚FI最終日11R】新山 辛くも決勝

 抜群の先行力で今節のV有力候補と目された新山響平は着外だった2日目までに続き、3日目準決(11R)も連に絡めず辛くも3着で決勝へ。残り1周から叩いて主導権を握ったが、中団4番手から強襲した和田、番手から追い込んだ菊地にG前でかわされた。「競走が詰まって練習不足なのがレースに出てしまっている。しっかり踏み直せず末が甘い」と感触の悪さに不安を吐露した。それでも「2日目よりは良かった。競走が練習になって日に日に上向いているのは感じる」と前向きに話す。決勝も「やるべきことをしっかり」と積極策で力を出し切る。