ニュース

【記者コラム】エアギターでつながっていた加藤氏との縁

 昨年から今年にかけて〝大物〟の引退が続いている。歌手の安室奈美恵さん、卓球の福原愛さん、サッカー元日本代表GK川口能活氏、レスリング女子の吉田沙保里さん。そして大相撲の和製横綱・稀勢の里が16日に引退。「土俵人生において一片の悔いもございません」と漫画「北斗の拳」のラオウの言葉を用いて土俵に別れを告げた。

 

 「思い残すことはありません」とバンクを去ったのは05年グランプリ王者の加藤慎平氏(40=岐阜)。引退会見は昨年12月12日に行われた。競輪担当歴1年にも満たない私はこれまで加藤氏を取材する機会がなかったが、約30分の会見で非凡なパーソナリティーを大いに感じた。

 

 20年間の現役生活で最も悔しいレースとして挙げたのは2着に敗れた09年ダービー(岸和田)。「村上(義弘)さんが先行してくれて差すだけだったけど、武田(豊樹)さんに差されたレース。3番手は山口(幸二)さん、4番手は山内(卓也)さんが固めてくれた。それなのに、中を突いた山口さんと絡む一番やってはいけないことをやってしまい、迷惑をかけた。おごりがあった。とても失望した」。その悔しさがストレートに伝わってきた。熱を帯びた話しぶりからも、当時の感情や熱量が手に取るように分かった。

 

 各方面から届いた花輪が人脈の広さをうかがわせた。いくつか列挙するとSKE48、叙々苑、高須クリニック、ブランド王ロイヤル…。日本エアギター協会からのものも。人気プロレスラーの棚橋弘至もパフォーマンスの一環として取り入れているが、加藤氏が日本エアギター選手権の審査員を務めた縁とのこと。手前みそながら私は文化社会部時代の05年末に新聞でおそらく初めてエアギターを取り上げた。13年も前のことだが、ここにつながるとは…。とにもかくにも、加藤氏の発信力に期待。

 

 ♤出田 竜祐(いでた・りゅうすけ)1980年(昭55)9月29日生まれ、熊本県出身の38歳。明大卒。05年スポニチ入社。芸能、サッカー、ボートレース担当を経て今年4月から競輪担当。大宮記念決勝は橋本強、神山拓弥の3連複2車軸で勝負し撃沈。