ニュース

【取手FⅠ初日11R】出世街道ひた走る松井 上昇中機動力で先勝だ

 取手S級戦の注目の1人が11Rに出走する。113期の松井宏佑(こうゆう)だ。

 

 A級1、2班戦を最短の3場所で通過して昨年12月の小倉でS級初戦を迎えた。しかし初日に落車。「臀(でん)部の打撲擦過傷がひどくて1週間は休んだ」。

 

 その後は平塚③②⑨②(12月31日~1月3日)、そして直前の松阪②⑨①(1月11~13日)とS級を体験。

 

 「松阪の2日目は自分のミス。しかし、ようやく周りが見えるようになった。今回は間があり直前までしっかり練習した。日に日に良くなってくると思う」と上昇中の機動力を発揮して先勝を狙う。