ニュース

【別府GⅠ全日本選抜】検車場から(9日)

 9日10・51 1Rは竹内が逃げ切り。マーク北野は2着に流れ込んだが、3番手の山内は踏み出しで離れた。山内は「(北野)武史さんがバックを踏むからちぎれましたよ!」。これに北野は「(竹内)雄作がバックを踏んだから。それにしてもアイツは強い。なんで負け戦に落ちてきたんだ」。
 12・16 北津留が8番手まくりで4Rを制す。「初日が情けなかったので…。セッティングを修正して良くなりました」
 13・13 成清が6Rで3着。「いい展開だったが、後ろに危ないメンバーが多かったから気が気じゃなかった。戦場ですよ」。15年京王閣ダービー以来のGⅠ準決勝進出で舌も滑らか。
 14・15 8Rは吉沢と山崎賢が踏み合って、吉沢が山崎賢後位を奪取。7番手からまくった山中は「のみ込めると思ったが、(吉沢)純平さんが思った以上に脚を残していたんですね。合わされるとは思わなかった」。3着でなんとか準決進出も表情はさえない。
 14・54 吉田敏が9R2着で準決へ。「自力で(特別を)勝ち上がれたのは久しぶり。落車前よりも体の状態は良くなっている」。落車明けの開催でもケロリ。
 14・56 9R失格の神山雄が後輩と自転車をバラす。
 15・23 10R3着の山賀を記者陣が取り囲む。近くにいた成清が「山賀、歯が出てる、歯が!」。
 15・37 9Rで落車した和田健だが「擦過傷もありませんよ!」。
 17・33 準決12Rの前後を話し合っていた松浦と原田が結論を発表する。