ニュース

【大垣GⅡウィナーズC最終日】決勝12R ここが敗因

≪浅井康太 マーク2着 強さ体感≫

 

 浅井は脇本の踏み出しに遅れることなく追走したが差し切れず2着に終わった。

 

 「脇本君にとって楽な展開になった。最後は抜きにいったけど踏み直された」。真後ろでワールドクラスの強さを体感できたことで、課題も見つかった。

 

 「今の自転車のセッティングが出ていないと感じた。1番人気だけど自分から買ってくれた人には迷惑をかけた。脚力を強化して抜けるように」。

 

 さらなる精進を重ねて次のGⅠ(松戸・日本選手権)では頂点に立つ。

 


 

▼郡司浩平(3着)みんなで共倒れになるよりはと渡辺君に悪いけど行かせてもらった。前が掛かっていて追いつかなかった。

 

▼中村浩士(4着)何の援護もできず申し訳ない。

 

▼太田竜馬(5着)山崎君が来るのが早すぎて脇本さんがスーッと来て次元が違った。S級の上がある。

 

▼松浦悠士(6着)(太田君が)南関の4番手を取ってタテ勝負と思っていたけど想定外が重なった。

 

▼佐藤慎太郎(7着)山崎君が主導権を取ってくれたけど自分の力不足。つききるのに脚を使った感じ。

 

▼山崎賢人(8着)力不足ですね。(脇本を)引き出す感じになるかと思ったけど、あそこ(鐘4角)が勝負だと思ったので。

 

▼渡辺雄太(9着)初手の位置取りから想定外。打鐘でペースを入れて、もう一回全開で踏んだけど…。