ニュース

短期登録の外国人7選手会見

世界選手権ケイリン金 ブフリ東京五輪準備もしっかり

 

世界選手権の優勝者に与えられるアルカンシエルを待つブフリ

 

 2019年短期登録選手制度(男子)で競輪に参戦する外国人選手7人が25日、都内で来日会見を行った。

 

 全選手に来日経験があるが、中でも注目は今年の世界選手権(ポーランド)ケイリンで、新田祐大(33=福島)を下し金メダルを獲得したマティエス・ブフリ(26=オランダ)だ。

 

 「世界選手権ではいい成績を残せた。日本の競輪もいいシーズンにしていきたい。GⅢ(国際トラック競技支援競輪・伊東4月25~28日)で、日本と世界の選手と走ることを楽しみにしている」と笑顔を見せた。

 

 来日中に練習を行う伊豆ベロドロームは20年東京五輪の自転車トラック競技の会場になる。「ベロドロームは世界的に見ても速いトラックでテクニックが必要。東京五輪に向けてバンクの特徴をつかめるのは大きい」と東京のメダル獲りの準備にも余念がなかった。

 

 また、8回目の来日になるテオ・ボス(35=オランダ)も世界選手権1㌔TTで銀メダルを獲得した実力者。「ベテランだけど大丈夫」と日本語で話して会見場を笑わせた後、「今冬はとてもいいシーズンだった。日本の競輪選手にもアドバイスをしながら、2020年に向けて強い選手とトレーニングできることを楽しみにしている」と語った。

 

短期登録選手制度で来日した(左から)ボス、ブフリ、ボティシャー、ドミトリエフ、パーキンズ、トルーマン、グレーツァー

 

◇2019年短期登録選手制度・来日選手◇
選手名 年齢 所属国 来日回数 次回斡旋
テオ・ボス 35 オランダ 4年連続8回目 4月11日大宮FⅠ
シェーン・パーキンス 32 ロシア 2年ぶり9回目 4月19日広島FⅠ
シュテファン・ボティシャー 27 ドイツ 4年ぶり3回目 4月7日松戸FⅠ
デニス・ドミトリエフ 33 ロシア 2年ぶり5回目 4月16日青森FⅠ
マティエス・ブフリ 26 オランダ 5年連続5回目 4月16日青森FⅠ
ジョセフ・トルーマン 22 英国 2年連続2回目 4月11日大宮FⅠ
マシュー・グレーツァー 26 オーストラリア 2年連続2回目 4月7日松戸FⅠ