ニュース

【小松島FⅠ最終日11R】北村 気迫で挑む

北村 信明

 

 2日目S級準決勝9Rで地元の北村は、同じ93期の水谷マークから好援護を決めて抜け出し、後ろの室井とライン3車で上位独占を決めた。

 

 初日特選は最終ホームで落車して背中の傷は痛々しい。「正直ちょっと痛いですが気持ちでカバーしています」。

 

 今年に入りコンスタントに成績をまとめている。3月玉野記念決勝では決勝3着のヒットも飛ばし、競走得点も107点台に上げてきた。四国勢の好調の波に乗っている。

 

 決勝戦は水谷の3番手から脚をためていく構え。強い松井に地元の気迫で挑む。