ニュース

【松戸GⅠ日本選手権】検車場から(3日)

 11・25 日本名輪会(井上茂徳会長)のトークショーが特設ステージで行われる。参加したのは滝沢正光氏、小橋正義氏ら往年の名選手12人。それぞれダービーの思い出話を披露し、小橋氏は「(95年に)ここ松戸でダービーを獲りました。(94年の)静岡に続く連覇だったので思い出に残ります」と振り返る。

 

 11・50 GⅠ初出場の不破が3RでGⅠ初勝利。積極的な組み立てで別線を完封し「GⅠでいきなり初勝利を挙げられるとは。しかも逃げ切れたのは自信になる。5日目もいいレースをしたい」と笑顔を見せる。

 

 12・55 11Rゴールデンレーサー賞の特別選手紹介がバンク内で行われる。唯一20代の清水は「凄い方たちばかりなのでここを走れることを光栄に思う。中川さんの前で思い切って走る」と意気込む。

 

 14・40 8Rは49歳の小嶋が単騎ガマシで見せ場をつくる。「(オールスターの)ファン投票23位くらいになったかな」

 

 15・15 残りの二次予選が始まる。9R2着でGⅠ初の準決勝進出を決めた湊は「18年目でやっと。大フィーバー。ちょっとはファンに恩返しできたかな」。

 

 15・55 前回、前々回王者の三谷が10Rで5着に敗れ、ダービー3連覇の夢は霧散。「終わったことなのでしょうがないけど、しっかり反省して頑張ります」と前を向く。

 

 16・35 11Rゴールデンレーサー賞は脇本が世界のスピードを見せつける。完勝も、レース後はフレームの交換作業を行う。