ニュース

宇都宮GⅢワンダーランドカップ争奪戦 神山の節目V期待

 宇都宮競輪場で行われるGⅢ「開設70周年記念宇都宮ワンダーランドカップ争奪戦」(16~19日)のPR隊が東京・越中島のスポーツニッポン新聞社を訪れた。
 
 令和初の宇都宮開催でサブタイトルは「その瞬間、風に恋をする…」。S級S班は浅井康太、平原康多、村上義弘が参戦し、佐藤慎太郎、中川誠一郎ら過去6年の当地記念覇者も集結。地元勢は神山雄一郎、神山拓弥、長島大介らが迎え撃つ。
 
 18、19日には神山雄の走りを体感できるVR体験や縁日など家族で楽しめるイベントが満載。小学生以下を含む家族連れは入場無料となる。また神山雄、地元ガールズ選手監修の弁当も毎日発売。宇都宮競輪キャスターの江藤みきは「神山雄一郎選手の地元10回目、通算100回目の記念優勝を期待しています」と目を輝かせた。売り上げ目標は50億円。