ニュース

競輪学校早期卒業候補に18歳2人

 日本競輪選手養成所(滝澤正光所長)は第1回記録会(5月23、24日実施)でゴールデンキャップを獲得した町田太我(18)、菊池岳仁(18)選手候補生を早期卒業候補者に決定したと発表した。

 

 第2回記録会でもゴールデンキャップを獲得し、12月の競輪選手資格認定(早期卒業候補者対象)に合格すれば、通常20年7月デビューのところを半年早めて1月にデビューできる。