ニュース

【静岡FⅡ10R】三好 悲願のVへ手応えあり

 静岡準決勝8Rで三好恵一郎(31=群馬)が追い込んで2着。単騎でまくった西本後位にスイッチして½輪まで詰め寄った。三好は「西本さんがまくる前に仕掛けたかった。最後も差したかった」と唇をかんだが、俊敏に立ち回った動きは軽快だ。「脚の感じはいい。前回の弥彦は考えすぎて行くべきところで行けなかったが、今回は何も考えずに走れている」と無心の組み立てが功を奏した。

 

 誘導のペースが上がる新ルールについては「長い距離をもがけないとダメ。練習を見直さないといけない」と今開催で今後の方向性が定まった様子。今年は準優勝が3回とA級1、2班戦初Vへ機は熟した。自力勝負で悲願を手にするか。