ニュース

【高知FⅠ最終日11R】今野 侮れない連勝の勢い

 高知S級準決9Rは、打鐘から岩本、一戸、松岡と次々に先頭が入れ替わる大激戦。最終的に主導権を握ったのは、前受けから下げて最終ホームから巻き返した今野大輔だ。掛かり、粘りともに申し分なく、松岡や岩本の反撃を封じて堂々の逃げ切り勝ち。2連勝で2月小倉以来、S級2回目の決勝進出を決めた。

 

 「連勝は自分でもかなりビックリしている。自転車、ポジションを換えて全然違う。踏みやすいです」と話す。他地区の選手からも高評価されるほどの出来。S級決勝11Rは、中四国の先頭で積極果敢に動いていく。