ニュース

7・13別府で開幕!九州初のサマーナイトフェス

 7月13日から別府競輪場で開催される「第15回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)」のPR隊が28日、スポニチ西部総局を訪れた=写真

 

 九州の競輪場で初開催となる「サマーナイトフェスティバル」には、選考1位の浅井康太(三重)らSS班から7選手が出場するほか、連覇を狙う渡辺一成、地元・九州からも今年GⅠ2勝の中川誠一郎、山崎賢人、大塚健一郎らが出場予定。また、併せて「ガールズケイリンフェスティバル」も開催される。売り上げ目標は41億円。

 

 期間中は場内イベントも盛りだくさん。初日13日には、和太鼓パフォーマンス集団「DRUM TAO」が開会式前のオープニングアクトとして登場。14日にはお笑いコンビ・どぶろっくのステージ、さらに最終日15日の閉会式では、大分県初となる手筒花火を含めた花火を盛大に打ち上げる。そのほか「九州ビアフェスティバル」などグルメイベントも充実。夏の夜を彩る一大イベントに向け、別府市経済産業部公営競技事務所の上田亨所長は「ぜひご来場いただき、お楽しみください」とアピールした。