ニュース

【玉野FⅠ初日11R】石塚 燃える!同学年対決

 強豪が結集する玉野S級特選(11R)の中で、近畿の先導役として石塚輪太郎の役割は大きい。「今回はGⅠを想定したイメージで走れるかな」と今の力を試すには格好の舞台だ。「前回高知の決勝は9着でしたが、初日、2日目は自分では良かったと思います。かみ合えば勝負できると思う」。状態に関しては不安はない様子だ。

 

 初日は新山、松本といった強力な同型のライバルが相手。「2人は同学年なんで負けないようにしたい」と気合は十分。番手は仕事人の南にお任せと、自分の力を信じて、勝負どころでは思い切って仕掛けるだけだ。