ニュース

【名古屋GⅠオールスター初日】検車場から

 14日10・00 オールスター競輪連続30回出場の神山雄を表彰。その後、地元の高橋和が元気な声で選手宣誓。
 
 11・00 アルテミス賞の前検が開始。連覇の懸かる長沢は「連覇とかは意識してないけど、地元なので勝ちたい」と闘志を燃やしている。
 
 11・10 オープニングレースを制した和田健は「(松井が)強いね。普通、見送るところを力任せに行ってくれた」と頼れる相棒のパワーに脱帽。
 
 12・30 4Rで先行してレースをつくった野口は「ホーム、バックを取れればという思いで駆けていった」。一心不乱な攻めで一次予選を突破。
 
 13・10 5Rで1番人気に支持された鈴木竜はまくり追い込みで辛くも3着。「行くべきところで行ってれば…。少し弱いところが出てしまった」と反省の弁。
 
 13・35 6R。先行した根田は渡辺にまくられてしまったが粘り込んでの3着。「最後まで諦めずに踏んで良かった」と執念の走りを見せた。
 
 14・40 8R。ゴール線手前で大量落車が発生。地元の近藤龍が斜行失格となった。
 
 16・10 会心の逃げを打って宮本を封じた岩本=写真。「逃げようと思ったので(直前に)雨が降ってヨシと思いました」。天候も味方に付けて気迫の走りを見せた。
 
 16・40 11R。ファン投票1位に輝いた脇本が、この日最速の上がりタイムを記録してドリームレースを制した。