ニュース

【取手FⅡ初日12R】木村 7車立ても鋭脚を見せる

 選手生活23年目の初体験。取手12Rに出走する地元のV候補・木村貴宏(42=茨城)は7車立てが初めてになる。「今期のA級が17年ぶり。S級の時も8車立てしか経験がなかった」。今期はまだミッドナイト競輪の出走がなく、初めて走る7車立てに少々戸惑い気味だったが、大矢―内田の3番手を選択すると表情が引き締まった。「今回は練習の疲れさえなければ戦える」ときっぱり。17年間S級でしのぎを削った差し脚は健在。A級では格上の存在感を示しているだけに、7車立てでも鋭脚を見せつけるか注目だ。