ニュース

【富山GⅢ最終日12】一成 強さキラリ

渡辺 一成

 

 富山GⅢ3日目準決10Rは渡辺一の強さが光った一戦だった。吉沢―武田の師弟コンビが赤板から一気に先制。7番手に置かれたものの、ホームから踏み込むと加速力の違いでまくり圧勝した。

 

 「一瞬休んでから踏み出しで全力で行きました。まくり一辺倒なんで早めの先行なりを見せたかったですね」と課題も口にするが、1周18秒8のタイムは見事で状態面では問題はなさそうだ。

 

 決勝は単騎が4人。渡辺一もその一人になるが、「しっかり踏むレースをしたい」と内容を重視。連日披露のスピードを武器に痛快ダッシュでV獲りを狙う。