ニュース

【松阪GⅡ決勝】山崎8着「また練習して頑張る」

 松阪でビッグレース初Vが期待された山崎賢人だったが、郡司にまくられ8着に終わった。「まくられたので掛かってなかったんでしょう。力不足です」と淡々と話す。7番手の位置から上昇して打鐘前に主導権を握った。「抑えて駆けることを考えていました。あそこからの仕掛けでも大丈夫だと思った。風も関係なかったです」と振り返る。ただ3番手が脚を使わずにいた郡司と展開の不運もあった。「また練習して頑張るだけです」と気持ちを切り替え、巻き返しを誓った。

 

 ▼佐藤慎太郎(2着)ホームで渡辺が行くかとかいろいろ考えて準備をしすぎました。準決勝に比べて脚に余裕がなかった。

 

 ▼平原康多(3着)追いかけて踏んで行ったが稲川のブロックで態勢が崩れた。落車後にしては良くやった方だと思います。

 

 ▼渡辺一成(4着)すんなりの展開すぎた。最後はブロックで失速した。

 

 ▼柴崎 淳(5着)もっと前にいれれば良かった。一発に賭けたが…。スピード的に苦しい所はなかった。

 

 ▼金子貴志(6着)前団はゴチャついているかと思ったが早く一本棒になってしまった。

 

 ▼稲川 翔(7着)全て想定内だったが、みんながそれ以上に強かった。いい雰囲気でレースはできた。

 

 ▼諸橋 愛(9着)自分の判断が悪かった。残りのレースで頑張るだけです。