ニュース

【宇都宮FⅡ2日目2R】内村 目的意識持ちレースに臨む

積極策に迷いがない内村舞織

 

 宇都宮ガールズ初日1Rは内村舞織(21=福岡)が積極果敢な走りでレースを支配。3着に逃げ粘った。「直線が長いのは分かっていたけど2着には粘りたかった」。悔しそうな一面を見せたが「最終Bを取って自分から動けたのが良かった」と納得の表情で話した。

 

 レース内容を意識するのは大一番へ向けて下地を築くためだ。「競輪祭(ガールズGPトライアル)まではしっかり動く。競走得点が下がってでも脚をつけたい」。実戦での先行は脚力アップにつながるだけでなく、ここ一番の勝負で勝つために布石を打つことにもなる。

 

 明確なテーマを持ってレースに臨む2日目2Rは「動いて2着以内に入れるように」と気合を込めた。