ニュース

【四日市GⅢ最終日12R】嵯峨 記念初優出

嵯峨昇喜郎

 

 嵯峨が記念初優出を果たした。開口一番に「3回目にして目標達成」と喜びを爆発させた。

 

 「カマシ捲りで記念の決勝に乗れるところをみせられた」。大舞台でも自身のスタイルを貫いて結果を出したことに自信も増している。準決11Rで平原を封じたパワーは本物で、決勝も別線の脅威になる。

 

 北日本は4車結束して強力ライン形成。「悔いのないように、ラインの中で優勝者が出てくれれば」。

 

 攻めに迷いはなく、きっぷ良く仕掛け見せ場つくる。