ニュース

【川崎FI2日目11R】大槻 ワンツー狙うも準決悔しい3着

 準決勝11Rで大槻が競輪らしい〝番手の仕事〟を見せた。前を任せた嵯峨が藤田の逃げを巻き返し最終Bを先頭で通過。そこを池田がまくってきたが「(池田の)スピードが良かったので止めないと行かれる」と瞬時に判断した大槻が最終4コーナーでブロック。すかさず内の白戸を締めに降りたが届かず3着。「嵯峨君と2人で断然の人気だったのでワンツーを決めたかった」と悔しそうな表情を見せた。嵯峨が「大槻さんのおかげで決勝に乗れた。迷惑かけないように頑張る」と積極的に出れば大槻の番手差しの出番だ。