ニュース

【伊東GⅢ3日目10R】黒沢 粘り込んだ 初の記念準決勝

二次予選11Rを逃げ切った黒沢征治

 

 徹底先行で売り出している黒沢が記念で初のセミファイナルへ進出した。伊東GⅢ2日目二予Aの11Rは打鐘から主導権。ゴール前でマーク武田にいったんはかわされたが差し返す形で粘り込んだ。

 

 柴崎や菅田ら超一流を相手に逃げ切った黒沢は「武田さんと立てた作戦通りの展開になった。柴崎さんがいつ来るか分からないし脚を回すことに必死。逃げ切りは自信になった」と笑顔。雨風が強まるコンディションだったが「風をかき分けて踏んだ。向かい風の方が先行は有利」と言い切った。

 

 準決勝10Rも逃走態勢を築き二枚腰を発揮する。