ニュース

【高知GⅢ最終日12R】山中 連覇へ挑む

山中貴雄

 

 準決勝の10Rで地元・山中貴雄は佐々木マークから直線伸びて3着で決勝進出を決めた。「むっちゃ緊張していたので、とりあえずホッとしました」と話す。

 

 昨年は地元で初のGⅢVを決めた。成績を落としていた時もあったが「ここへ向けて、できることはやってきました」と前検日に話していたように、連覇へ向けて、しっかりと仕上げてきた。

 

 決勝戦は初日も連係した小川マークからの走りになる。「準決勝はずっと余裕があったし、コースを行けたら抜け出せる感じはあります」。昨年の再現の強襲Vなるかに注目だ。