ニュース

【玉野FI初日6R】太田 今後も両立

 ガールズの太田は前走の3月久留米で、昨年8月以来の復帰戦をVで飾った。「ギアが軽くて違和感もあったし、いい部分と悪い部分がありました」と振り返る。決勝戦では実力者の石井寛子を封じるさすがのスピードを見せた。昨年は東京五輪を目指し自転車競技に専念してきたが、1年延期になったことで、今後は月1本のペースでガールズを走る意向だ。玉野は17年に一度走り完全Vを決めているが「ほんとに記憶にないです」と話す。まず初日6Rでは世界の舞台で戦ってきたスピードで実力者の長沢を封じるか。