ニュース

【記者コラム】ミッドナイト競輪変更 ガールズ選手は大変!?

 10月からミッドナイト競輪が変わる。そのレースで最も競走得点の高い選手が1番車、その次に点数の高い選手が2番車、という具合に内枠から点数順に並ぶことになる。7車立ての競輪はスタートを取って前でレースを運ぶ方が有利。単純に1番車の勝率が上がることで1番車から車券を買えば当たる、初心者にも分かりやすい、というのが変更の狙いらしい。
 
 ただ、競輪はラインの競走。最も点数の高い自力選手が1番車、2番目に点数が高い追い込み選手が2番車なら❶❷、❷❶で決まる確率は高くなるが、1番車に自力選手、2番車も自力選手なら別線になり、すんなり内枠同士では決まらない。何も考えずに内から強い選手順に❶❷❸を買えば当たる、というわけにはいかないのだ。
 
 とはいえ、ガールズケイリンでは話が別になる。ラインの競走ではないので点数順に内から並んで行けば、ただでさえ有利な内枠に強い選手が入るので勝率はグンとはね上がる。❶❷❸あるいは❷❶❸といった車券が続出するはず。
 
 これまでは枠の内、外による不公平をなくすために、3日間の車番を足した数の合計を各選手を12~14くらいに平均化することでうまくバランスを保っていたが、今後は〝3日間とも1番車〟や〝3日間とも7番車〟が普通になる。初日は7番車で位置が取れず後方のまま完敗。さあ次は、という時にまた7番車では気持ちもなえる。実際にレースで戦うガールズ選手たちは大変だと思う。
 
 実施される期間は来年の3月までの6カ月間。1日が開催初日となる伊東のミッドナイト競輪にまずは注目してみたい。
 
 ♤狩谷 牧生(かりや・まきお)1964年(昭39)4月11日、神奈川県生まれの56歳。88年4月スポニチ入社。92年1月にレース部へ異動。1年間の競輪取材の後、中央競馬担当に。2013年、21年ぶりに競輪の現場に復帰。9車立てから7車立てに、地区内斡旋といった慣れないレースに日々、奮闘している。