ニュース

【四日市GⅢ最終日12R】平原 連続優勝へ

 

 3日目準決勝10Rで平原康多(=写真)は前を切って中部勢を待つ態勢になり、2番手の不破を瞬時に飛ばし山田諒の番手を確保。最終バックから捲りを打つ。ゴール前で佐藤慎には差されたが、安定感抜群の走りを見せた。

 

 「もっとドカンと行くなら下げようと思ったけど…。レースの流れの中でうまく対応できています」と話す。初日からの動きも本来の迫力で、前回京王閣記念Vの好調をキープしている。

 

 「後ろが佐藤慎さんのプレッシャーは半端じゃない」と話すが、今度は後輩の宿口を目標にできるアドバンテージ。連続Vへ視界良好だ。