ニュース

【西武園FⅠ最終日12R】真杉 3日連続逃走劇だ

 真杉が今開催S級、唯一の逃げ切りでの連勝を果たした。準決11Rは赤板からの突っ張り先行。「後ろが楽だと思ったし突っ張った。競りも見えていたし、落ち着いていた。最後は差されたと思ったが、何とかという感じ」と振り返った。3日間連続の逃走劇を狙う決勝は、同じく〝徹底先行〟で超一流に君臨する新山に胸を借りる一戦。「強いのは分かっているし、中途半端にはならないようにしたい。出し惜しみせずに(長島と)どちらかが優勝できれば」と力を込めていた。強敵をどれだけ苦しめられるか注目だ。