ニュース

【松戸GⅢ最終日決勝】岩本 全部松戸で!!記念3V

 千葉競輪開設71周年記念GⅢ「滝澤正光杯in松戸」は13日、松戸競輪場で決勝戦が行われ地元の岩本俊介(36=千葉・94期)が優勝。千葉市営で行われる最後の「滝澤正光杯」覇者となった。岩本は今年8月の松戸以来、記念3度目の制覇となった。
 
 レースは近藤がスタートを決めて佐々木―近藤―上田―中本―岩本―和田―吉沢―武田―芦沢で周回。青板バックで吉沢ラインが上昇すると、その上を岩本―和田。さらに上田が叩いて打鐘から主導権。すかさず8番手から佐々木―近藤で巻き返すも最終2角で中本がブロック。バックでその外を吉沢が捲ると中本が番手捲り。3角から、岩本が中本の後ろから出て和田とワンツー。3着には外を伸びた吉沢。
 
 岩本がまた松戸で笑った。初めて記念を制した11年の松戸開催の取手記念から、今年の松戸記念、そして今回も同じ舞台だった。「初手であんなにいい並びになるとは思わなかった。中本君が番手から出て行ってくれてコースも空いたし、松戸の神様に愛されているのかな(笑い)」。今年はその記念2勝に加えビッグでの活躍も目立った。「今年は思った以上に良かった。来年も、もうちょっと欲張っていい仕事ができるようにしたい」と師走の寒空に来年の活躍を誓った。
 
 優勝した岩本の次走は前橋FⅠ(24~26日)、2着の和田はKEIRINグランプリ2020(平塚、30日)、3着の吉沢は高松FⅠ(21~23日)の予定。
 
 ♤岩本 俊介(いわもと・しゅんすけ)1984年(昭59)4月13日生まれ、千葉県出身の36歳。08年7月に94期生として千葉でデビュー。通算成績は1049戦324勝。GⅢ優勝は今回が3回目。1㍍77、76㌔。血液型B。