ニュース

【大宮FI最終日】池田 決勝も番手

 準決12Rで豪快に捲り1着の佐々木悠葵にしぶとく続いたのが地元の池田勇人だ。「かなり緊張した。踏みだしのタイミングが合わず少し離されてしまったが、前日からペダリングを修正していた成果で何とかついて行くことができた」。断然人気に応えてのワンツーにホッとした表情を見せていた。決勝も再度、佐々木の番手を回る。「ダッシュの感じはつかめたが決勝となると、さらに加速が凄くなるかもしれない。油断せずにしっかりついて行くことに集中したい」と気合を入れ直す。佐々木の仕掛けにぴたりと続き地元Vを狙う。