ニュース

【広島FⅡ最終日12R】鈴木庸 チャンス

 初日10Rで鈴木庸は河端に突っ張られたが3番手をキープ。捲ってきた郡司をけん制して最後は一気に伸び切った。「絡んではダメなので下げました。郡司を止めて戻り、香川さんの動きを確認して踏み込みました」と冷静なレース運びが光る。ここに来るまではダービーの疲れが残っていた様子だが「このメンバーで勝てたのは自信になります」とムードは急上昇。12Rは吉田マーク。そして後ろが頼もしい先輩の諸橋で、願ってもないメンバー構成となる。過去に広島でVもあり、ダービー王・松浦の牙城を崩すか。