ニュース

【岸和田FⅠ最終日12R】野田 こん身一撃

 準決10Rの野田は3番手を取りきって、最終2センター手前からの仕掛け。逃げる川村を直線で捕らえての1着ゴール。「5番手ではきついと思ったんで、中団か場合によればハコも考えていた」とほぼ狙い通りの運び。「捲るタイミングがあると思ったけど、川村さんが掛かっていた。脚は重かったけど後半きっちり伸びているんで、(新生バンクは)僕は走りやすい」。❷①着で勝ち上がるなど動きは上々。決勝は単騎でこん身の一撃を見舞う。