ニュース&記者コラム

【稔真チェック】別府GⅢ2日目11R 番手の新田が中心❾❶、❾=❼

 久しぶりの別府取材。多彩なイベント、ファンサービスが行われているとあって場内には早朝より多くのファンが詰めかけた。そんな中、開幕戦は地元ファンの大声援に応えた健一郎(大塚)が制した。さらに8Rを匠(園田)が勝ち、10Rの哲男(渡部)も3着に食い込んだ。わが不動会の面々はいずれも二次予選へとコマを進めた。

 当地特有のBS向かい風が吹く中、藤井侑(3R)、志田(5R)、森田(7R)、松本秀(11R)の逃げ切りはお見事。主力が集まる特選は前受けした新田―守沢が鐘過ぎから巻き返した。北日本コンビを追った翼(北津留)が構わずホームから単騎捲り。翼が新田を叩いたけど、脚力を温存し最後尾から捲った坂井のスピードが光った。SS班3者は新田を追走した守沢が2着、佐々木豪目標に外を伸ばした松浦が3着。北津留に叩かれながら新田も4着に踏ん張り、それぞれが上々の動きを見せた。

 二次予選11Rは新田の前回りとなった小原が行く。新田を追う内藤。❾❶からだけど、位置取りをこなせる松本貴が中団から襲いかかる。❾=❼は折り返したい。12Rは渡口が松浦を引き出す。松浦マークは哲男(渡部)。❼❺が中心だけど、初日予選の志田の動きは抜群だった。❸=❼を押さえる。(スポニチ評論家・吉岡稔真)

KEIRINスポニチ ファン必見!
最新ニュース配信、ミッドナイト詳細予想、記者コラム、ガールズケイリンなど無料で見られる情報が満載。そのほか、お得なキャンペーンも。

×