ニュース

【佐世保GⅢ3日目12R】山中 復調急加速

山中 秀将

 

 佐世保2日目10R、外並走からまくりを決めた山中が連勝で準決勝進出。

 

 中団で太田を内に封じ込める内容に「太田君には申し訳なかったけど、彼には脚力でかなり劣る。脚を使ってでも中団は譲れなかったし、後ろの和田さんも了承してくれた。それがありがたかった」。

 

 作戦通りの動きから、初日に続く好スピード披露でまくり連発。ケガで苦しんだ19年だったが「親王牌くらいから、徐々に良くなっている」と急復調だ。南関勢は郡司浩平がOP出場を決め「流れに乗り遅れないように」と意気込む。

 

 3日目準決12Rは地元の井上に牙をむく。