ニュース

【函館GⅢ2日目10R】菊地 地元で復活1勝だ

 地元のエース・菊地圭尚が復帰を果たした。大垣・ウィナーズCの初日に落車して右鎖骨と右肋骨を骨折。当初はGⅠ高松宮記念杯での復帰を目指していたが間に合わず、ここが復帰戦となった。

 

 函館初日9Rは小松崎の番手。強引に先行した小松崎に続くと2着でゴールを駆け抜けた。「小松崎君はまくりに構えるのかなと思ったけど、無理に仕掛けてくれた。踏みだしで少し口が空いてしまったけど何とか付いていけた。まだ感覚的なズレはあるが、まずはひと安心。日に日に良くなっていけば」と前向きだ。

 

 そして「残り3日間のうちに1回でも1着を獲って応援してくれるお客さんの前でインタビューを受けられるようにしたい」と話していた。二次予選A(10R)は新山の番手を回り準決勝進出を目指す。