ニュース

【取手FⅡ最終日5R】坂井 さあ完全Vだ

 115期在校1位の坂井洋(20)が前評判通りの強さで決勝に駒を進めた。取手準決では同期の磯村が勢いをつけた山おろしで一気にカマして主導権を握ったが、落ち着いて3番手を確保。一度は離れた後ろの細沼をかばう余裕を見せながらも最後は抜群のダッシュで後続を大きく離してゴールを駆け抜けた。
 
 「もう少し待ってから仕掛けても良かったかな。結果的に細沼さんとワンツーで良かった」と余裕の表情だ。決勝は再度、細沼との連係。同じく連勝で勝ち上がった同期の谷との対戦になるが「力を出し切る競走ができれば問題ない」と淡々と話す。
 
 気になる賞金の使い道は「封筒のまま全部、お母さんに渡すだけ。欲しいもの?特にないです」。出番は5R。まずはデビュー初戦で完全Vを決めて、函館(13~15日)、宇都宮(8月9~11日)で特別昇班を狙っていく。