ニュース

【和歌山FⅠ最終日11R】桜井 師の背中を見て勝つ

 和歌山S級準決勝9Rで桜井正孝は打鐘過ぎに落車があったレースの中で、4番手から外を踏み1着でゴールを駆け抜けた。「打鐘前は内をしゃくられてピンチでした。でも2センターからは踏めているので悪くないです」と話す。初日、結果は出なかったが積極的に踏んだことが準決勝の走りにつながった。

 

 くしくも決勝戦は師匠の荻原と一緒。当然、前かと思われたが荻原の「思い出づくり(笑い)。2人で頑張ろう」の言葉にマークでの走りになった。師匠の背中を見て、最後は力の限りの追い込みで激戦を断つ。