ニュース

【大垣FI最終日9R】神田 侮れない

 神田は準決で先行して若干末脚を欠いたが、2着に粘って優出。「最後の粘りの部分がもう少し」と課題は残るものの、「準決は7車で自分が駆けるメンバー構成で駆けていっていい感じ」。
 
 連日の積極策で勝ち上がってレース内容は良く、着以上に奮闘している。気配は上々で決勝でも付け入る隙はある。地元勢が結束して強力なラインを形成も、単騎で自己の仕掛けに徹することが可能。脚をためて結果追求の強襲だ。