ニュース

【富山FⅠ最終日12R】高橋 見事なさばき

 準決10Rは高橋がスタートで飛びだし北日本が前受けとなる。残り2周過ぎに道場がカマしてくると高橋は志村をさばく。道場の番手にはまった坂本が1着、高橋が2着で青森ワンツーが決まった。「今の競輪はスタートの位置が大事。(坂本)周作が踏み合ってくれたから(志村を)決められた」と高橋は淡々と振り返ったが追い込みの役割を見事に果たした。決勝は北日本4車がまとまり高橋は3番手。またも絶妙な援護からラインで上位独占を狙う。