ニュース

【岸和田FⅠ2日目7R】小林 自ら誕生日の祝砲

 岸和田初日の小林彩は勝負どころで出遅れて6着に敗退。決勝へ進出するのは予選2での2着が最低ノルマとなった。

 

 「やっちゃいましたね(苦笑い)。前々に行こうと思っても外にいて」。初日は悔しい競走となり、2日目は勝負駆けとなった。「誕生日の1月1日に1番車ですか。最高です」とにっこり。昨年の京王閣は4着に終わった。予選2は「好位を狙います」と気合が入る。確定板に載って21歳の誕生日を祝いたい。