ニュース

【平塚FI最終日5R】菊池ぼう然敗退

  117期の菊池がまさかの準決勝敗退となった。スタートで前を取れず道中は7番手。赤板で上昇するも突っ張られ、外併走する形に。最終ホームから踏み上げたが再三のけん制に合い7着に終わった。「アップの感覚は良かったけどレースで前に進んでいかなかった。けん制を受けたからというよりも、気持ちと体の感覚がズレていたのかな」と首を傾げた。初めて確定板を外しての2敗目に「どんな展開でも自分の力を出し切れる理想に近づけていきたい」と絞り出したが、最後までぼう然とした様子だった。