ニュース

【記者コラム】選手はオッズを見て走るべき

 8月30日決勝の小田原記念は和田真久留(神奈川)が優勝。一番人気の郡司浩平(神奈川)の失格もあり波乱の決着となったが、レースは松浦悠士(広島)の〝競輪らしい走り〟で見応えある決勝戦だった。

 
 3日間の動きもいい松井宏佑(神奈川)を先頭に郡司―和田の地元勢3車が前団。車番的に後ろ攻めとなった松浦は残り3周から上昇して松井の番手に追い上げた。先行態勢に入った松井の後ろは内・郡司、外・松浦で並走。脚のあるS班同士の攻防は打鐘過ぎ2Cで郡司が競り勝った。

 
 33バンクで突っ張り先行のアウト競りは不利。しかも相手は郡司。「脚のある松井君と郡司君に駆けられたらまくれない。(一列の)単調なレースにはできない。地元の郡司君に失礼にならないように」。そして「今の自分は人気になる。(別線の動き)展開待ちのレースはできない。自分で切り開いて1着を獲る」。という強い気持ちで挑んだ攻めだった。結果は競り負けたが再度追い上げて最後まで諦めない走り(繰り上がり3着)は車券が外れたファンも納得したはずだ。

 
 松浦の「(ファンの)人気に応えたい」走りは競輪の基本中の基本。22~25日の松戸記念、27~30日の小田原記念は2車単の人気決着(特に初日と2日目)が多かっただけに〝人気に応える〟重みが目についた。

 
 小田原2日目の予選2で松浦をマークした三宅達也(岡山)は「オッズ(松浦1着、三宅2着で150円)を見て凄い緊張した」。同予選2で小松崎大地(福島)を差した佐藤慎太郎(福島)は「勝ったというより人気に応えて(車単150円)良かった」。第一人者はまず責任を口にした。

 
 選手の中にはオッズを見ない選手もいるが、競輪は車券で成り立っている以上オッズを見るべき。ファンの支持はどうなのか?現在は7車立てで2車単は42通り、オッズ画面も見やすい。「ファンのために」と言うよりオッズを見れば、ヨコでなくタテに踏むべきレースなどが分かるはずだ。

 
 ♤中林 陵治(なかばやし・りょうじ)1962年(昭37)7月13日生まれ、熊本県出身の58歳。慶大卒。87年4月入社、翌5月に小橋正義(引退)ら59期生のデビュー戦(花月園新人リーグ)で記者デビュー。以来、競輪の現場取材一筋34年目。通算車券購入額上位者は①神山雄一郎②鈴木誠③小橋正義。