ニュース

【高松FⅠ初日11R】犬伏 弾みつける

 今シリーズの注目は119期在所1位の犬伏だ。FⅠ戦は圧倒的な強さだが、直前の松戸GⅢは未勝利に終わった。「脚は悪くはないが、(9車は)流れをつかみ切れていないです。タイミングですね」と課題を口にする。今回は新車を投入。「やっときました。レースでは初めてだが、セッティングも出ました」。今シリーズは次走の地元・小松島記念の前哨戦として弾みをつけたい。予選メインの11Rは強烈なダッシュ力で快走劇を演じよう。

×