ニュース

選手会富山支部 新型コロナ感染症対策支援で100万円寄付

 

 日本競輪選手会富山支部が8日、富山市民病院を訪れ、新型コロナウイルス感染症対策支援として100万円を寄付した。

 

 富山市病院事業管理者・石田陽一氏=写真右=に寄付金を渡した支部長の宮越大=同左=は「新型コロナウイルス感染症対策にあたっては医療従事者の方々が感染の不安を抱きながら最前線で奮闘され、大変なご苦労をしておられることと思います。地域の医療従事者の皆様の支えがあってこそ競輪選手は安心して競争や練習に臨むことができます。そうした感謝と応援の気持ちを伝えるため、地元競輪選手の総意として今回の寄付を行うことを決めました」とコメントした。