ニュース

高松GⅢ「玉藻杯争覇戦」太田 記念初制覇

 高松競輪開設68周年記念「玉藻杯争覇戦(GⅢ)」は3日に決勝戦が行われ、太田竜馬(22=徳島・109期)が2角インまくりで記念初優勝を飾った。鈴木庸を追走した平原が2着、3着に小川真。なお6Rのブロックセブンは坂本周作(26=青森・105期)がまくりで制した。

 

 デビュー戦の地で待望の記念初V。それでもクールな太田は変わりなかった。

 

 「何回も記念決勝で飛んでいたし不思議な感じ。涙するかと思ったけど、まだ現実を受け入れられない」

 

 レースは山崎が打鐘前に踏み込むと園田が遅れる。外を仕掛けていた太田が打鐘で山崎の番手に。鈴木庸が鐘4角からまくっていくと最終2角で山崎が外に振る。太田が開いた内を突き、まくっていくと後続を2車身離し押し切った。

 

 「番手に入ってからは落ち着いてって感じ。鈴木さんが来て外はかぶっているし内だけを狙っていた。内が重くて長い半周だった」
昨年末にヤンググランプリを制し、今年はすでに3V。勢いは止まらない。

 

 「記念を勝ったからといってGⅠは獲れるものでない。今まで通り、いっぱいいっぱいでやるだけ」
今年最初のGⅠ全日本選抜(8~11日、別府)に大きな弾みがついたのは間違いない。パワーアップした走りで頂点まで一気に駆け上がる。(亀田 克也)

 

 ♤太田 竜馬(おおた・りゅうま)1996年(平8)4月4日、徳島県小松島市出身の22歳。通算成績は221戦98勝。プロデビューは16年7月高松(1①❶)。主な優勝はGⅡヤンググランプリ(18年、静岡)。GⅢ優勝は今回が初めて。1㍍75、74㌔。