ニュース

【小松島FI最終日11R】犬伏 地元完全Vだ

 A級準決勝5Rで地元の超新星・犬伏湧也は、最終2角から捲り2着に5身差をつける圧勝だった。ただレース後は、後ろを連れ込めなかったことに反省もチラリ。「タイミングが合わず捲りに構えてしまった。それでもしっかり行けて1着なのは大きいです」と話す。バックは強い向かい風の中で上がりは11秒1。力はズバ抜けている。11Rは連係する愛媛勢に、捲り鋭い松岡がいて楽な相手ではないが、完全Vで次回からのS級特進につなげる。