ニュース

中野 骨折手術乗り越えS級初戦

 121期の早期卒業生で1月デビュー以来、18連勝中でS級特別昇級を決めた中野慎詞(23=岩手)が22日開幕の函館FⅠに出走する。中野はカナダで開催された自転車競技の国際大会のレース中(5月14日)に落車して右鎖骨を骨折。「帰国して5月20日に手術をしました。その後は拠点のナショナルチームでリハビリメニューから始めて、軽いメニューのトレーニング。6月8日に検査をした後に函館の出走を決めました」。今回は師匠の佐藤友和(39=岩手)と初めて一緒の開催。「S級は脚力も展開も違うし(師匠に)教えてもらい、一戦一戦頑張ります」と師匠の前でS級初戦に挑む。