ニュース

【豊橋FⅠ初日8R】広田 教訓生かす

 四日市記念の広田は連日の積極策で二次予選のカベを突破するものの、初の記念準決勝でカラ回り。結果的に吉田拓矢を引き出す流れを作ってしまい、万事休す。共倒れに終わった吉田敏洋や地元の先輩たちに叱責(しっせき)される、苦い思い出を作ってしまった。

 

 「気持ちだけが前に行ってしまって…。今後は同じ失敗を繰り返さないように」。身をもって知った教訓を生かしたい今シリーズ。

 

 初日の出番は8R。地元勢を連れての先行勝負でライン決着を演出だ。